LINEで送る
Pocket

この時期マスクが手放せない

新型コロナウィルスの感染予防のために、今の時期マスクを毎日つけてる方がほとんどだと思います。

長時間マスクをつけていると、メイク崩れが気になるだけでなく、摩擦や蒸れによるかゆみや、マスクを外したときの乾燥の加速など、環境よりどうしても不安定になりがちです。

 

 

今の時期こんな症状でお困りではないですか?

・肌がヒリヒリ 

・肌がかゆい

・ニキビができた、またはニキビが酷くなった

・口周りがただれる、かぶれる

・ヘルペスや湿疹ができる 

症状の原因とは

マスクをつけることで生じる摩擦

マスクをすると顔の広い部分が覆われてます。

この覆われている肌とマスクの繊維が直接触れることにより摩擦が発生し、肌への刺激となり、肌荒れを引き起こします。

マスク内の湿度による雑菌の繁殖やムレ

マスクの内側は呼吸によって温度も高くなっていて、常にムレています。

雑菌にとって好ましい環境で、どんどん繁殖してしまい、肌荒れやニキビの原因となります。

マスクの素材や抗菌剤によるアレルギー症状

マスクによっては、細菌やカビを防ぐ抗菌剤が使用されています。

これはウイルス対策に欠かせないものです。

しかし体質によっては、この抗菌剤やマスクの素材そのものが肌に合わずアレルギーを起こし肌荒れの原因となることもあります。

マスクを外したときの乾燥にも注意

冬の寒さや外気の温度により、肌に付いていた水分が急激に蒸発し、肌の潤いを一気に奪い、乾燥がすすみ肌荒れする場合もあります。

《肌荒れを防ぐためには》

・マスクの素材を変えてみる

・ガーゼ1枚を挟んでみる

・長時間のマスク使用を避ける(換気のためはずしてみる)

・小さすぎるマスクをつけない自分に合ったマスク選び

・マスクをつける前と後のしっかりとした保湿

肌荒れした場合の対処法

肌荒れした肌はいつも以上に敏感で刺激を受けやすい状態です。

使用するアイテムは少なくし、できるだけ皮膚を触らない状態にするのがいいでしょう。

クレンジングや洗顔も必ず短時間で済ませることが大切です。

🔻肌荒れの時は水分が多く含むものは特に刺激を感じやすい

❌化粧水パック

❌美白製品、強い日焼け止め

❌高機能アイテム

(普段使用しているスキンケアまで刺激を感じ、ヒリヒリする方は敏感肌用の低刺激のスキンケア商品に切り替えてシンプルなお手入れに切り替えてみてください。)

できれば週に1度肌に呼吸をさせる日を作る

女性にとってメイクは、必要不可欠なものですが、メイクは肌にとって負担も大きいです。

現在マスクで荒れてしまっていると言う方は特に週に一度はメイクをしないで、お肌を休ませてあげる日を作ることをおすすめします。

何もしなくて良いというわけではありません。

肌の調子を整えたり普段よりじっくり丁寧にスキンケアしてみたり普段メイクをしている時には気付きにくい自分の肌状態も知る事ができたり、メリットがも多くあります。

しっかりと手をかけてうるおった肌は、多少の刺激や紫外線には負けなくなりますし、回復力も高くなります。

手をかけられる時には自分のお肌に惜しみなく時間をかけてあげて下さい

ノーメイクが難しければ出来る範囲でやってみるのも

普段よりナチュラルなメイクにしてみる

週に一度はクレンジング剤不要のメイク

マスクの下の見えない部分はメイクをしない

家に帰ったらすぐにメイクを落とす

日焼け止めは必ず

たとえノーメイクで室内にいても、日が当たる場所や洗濯物を干す場合などはマスクや帽子で紫外線カットを心がけましょう。

質感が軽く肌負担の少ないuvケア
今話題の《M Tシリーズ》の記事です。

https://f-beauty-nishinomiya.com/archives/3192

気になる方は、よかったら読んでみて下さい。