LINEで送る
Pocket

脱毛を経験していなくても、脱毛を知らない人はいないと言うぐらい

男女ともに、認知度が高く約8割の人々が毛の悩みや、脱毛に関して

何かしらの興味を持っていることがわかっています。

今まさに脱毛を検討している方も多いのではないでしょうか。

将来を見据える脱毛と美容の為の脱毛

近年では、若い世代ばかりではなく40代~の幅広い年齢層の利用者も増加傾向にあります。

「将来、自分が介護されるようなった場合」

を考えて、その準備として行う「介護脱毛」と言われる【新たな脱毛】の流れもできています。

ワキや腕など、若いうちにできなかった方が初めての脱毛に来られる事も多いです。

実際の調べでも、45歳以上の脱毛希望者は8年前に比べると約1.5倍にもなっているそうです。

【ブログ記事:40代50代の脱毛/介護脱毛】

脱毛の年代別、脱毛サロン、脱毛クリニックの利用状況とは...?

脱毛をどこで行っているかを聞いたところ男性、女性ともにサロンがクリニックを上回り、

年齢別には20~29歳女性の過半数66.8%がサロンでの経験があると答え、

やはり女性のサロン支持者が多いと思います。

全ての店舗がそうではありませんが、エステサロンや脱毛サロンでは

お客様にリラックスしてもらう事も一つも目的としています。

室内の雰囲気や空間を特別と感じることも出来ます。

~接客面~

クリニック

・脱毛する人は「患者さん」

・医師が施術を行う

サロン

・脱毛する人は「お客様」

・エステティシャンが施術を行う

 

単純なことではありますが、お客様側としてこの違いはかなり大きいものだと思います。

クリニックは医師や看護師といった医療従事者が施術をおこないます。

お客様というよりは、患者さんとして個人個人に施術を行います。

病院に通う感覚で過度な接客は求め過ぎない方がいいかと思います。

エステティシャンはお客様との距離間も近く、さまざまな美容知識があります。

脱毛の後にちょっと『フェイシャルの事ききたいな』などの脱毛以外の美容の相談もしやすかったり

男性の方もヘッドやボディのメンテナンスメニューを脱毛とセットで受けることができたりと、

日々の疲労やお悩みも一緒に改善できる美容と癒しの技術も提供できます。

~施術に関して~

クリニック

・短期で出来るが、機械の電力も強いため、肌の負担は多い。

サロン

・電力は弱くなるので期間はかかってしまうが、肌負担は少ない。

 

サロンですると、お顔であってもすぐにメイクして頂く事も可能です。

お肌の弱い方はこの点が一番ポイントになると思います。

~番外編~

大手チェーンの脱毛サロンの場合

・総額がわかりにくい

・初回は低価格、しかしセット価格で提供

・他の店舗でも脱毛を受ける事ができる

個人サロン場合

・相談によってメニュー内容を変更するなど自由度が高い

・都度払いができる

・同じスタッフが担当するので変化を把握しやすい

低価格のサロンの場合、施術に関して規約があったり予約がなかなか取れないなどの声が多くあります。

脱毛を目的としたお店は多く存在しますがどれも方法は違い、長所と短所があります。

自分の毛や肌状態、処理したいか所、料金などもお店によっても、多種多様です。

無理のない、自分にピッタリの脱毛を選んで下さいね。