LINEで送る
Pocket

乳毛とは、主に乳輪周りにはえる毛です。

数本だけど濃いし、目立つので気になりますよね。

なぜ乳毛は生えるのでしょうか?

体質的に、体毛が濃い薄いがありますが、加えて女性には「ホルモンバランスが崩れる時期」というものがあります。

その時期に、【乳毛が濃くなる】と言われています。

ホルモンバランスが崩れる時期

◎思春期

成長過程にあるこの時期。

生理が始まる時期でもあります。

子供から女性の体に変化するわけですが、女性ホルモンと同時に男性ホルモンの分泌も活発になってくるので、脇やアンダーヘアーとともに乳毛も生えてくるのです。

◎妊娠期

妊娠すると生理が止まります。

そのためホルモンバランスも大きく変化する時期です。

この妊娠時に生えてきた乳毛は産後、時間が経てば妊娠前の状態に戻ると言われています。

◎更年期

一般的に50歳前後を更年期と言いますが、閉経とともに女性ホルモンが少なくなり、男性ホルモンが優位になります。

そのため乳毛が生えてくるのです。

その他の原因でもホルモンバランスが崩れるとも言われています。

ホルモンバランスが崩れる原因

×ストレス

ストレスが溜まるとそれを和らげようとまた別のホルモンが刺激され、その刺激で男性ホルモンが活発になるのです。

仕事をしだして乳毛が生えてきたという方もいるかもしれませんね。

×過度なダイエット

脂肪細胞にはエストロゲンと言う女性ホルモンを生み出す機能があります。

その脂肪を減らす=過度なダイエットはエストロゲンを減少させ、男性ホルモンを優位にしてしまいます。

痩せたとしても毛が生えてきた気がすると言うかたもいるかもしれません。

×たばこ

タバコもエストロゲンの生成を抑えてしまうため、男性ホルモンが優位になりムダ毛が増えるのです。

~乳毛の処理方法~

・シェーバー

自己処理の中でも最も手軽で低コストでできるお手入れ方法です。

最近の電気シェーバーは、肌に優しいものも多くなりました。

乳毛には顔用のシェーバーがオススメです。

カミソリと違って刃が直接肌に触れる心配もないので肌に対する負担も軽減できます。

肌にグイグイ押し当てて剃るのは避けましょう。

※デリケートな部位なので、処理後は保湿をすることで肌荒れや乾燥を防いでくれます。

・脱毛サロン

1番安全で1番確実な脱毛法と言ってもいいかもしれません。

「見られるのが恥ずかしい」「外から見える所じゃないし、まぁいいか」

「金額はどのくらいか」「定期的に通えるか」とあれこれ思い巡らし、億劫になっている方も多いでしょう。

乳輪周りの脱毛はそれほど高額ではなく、手足に比べると費用は少ないかと思います。

※当店で乳輪周りの脱毛を行った場合は1年コース6回¥12,000(税抜)です。

カウンセリングやアフターファローも充実しています。

万が一トラブルが起きた場合も対処してくれますし、知識を持ったスタッフが施術をするので、肌荒れなどのリスクも低くなります。

[NG]乳毛の自己処理の仕方

×毛抜き、ピンセットで抜く
×脱毛剤
×カミソリ
×ワックス脱毛
×家庭用脱毛器

乳毛が生えている周り、つまり胸にも刺激を与えることは確実です。特に乳首付近はかなりデリケートです。

炎症やかぶれは治りにくいですし、せっかくの綺麗な胸も色素沈着して台無しになる可能性もあります。

自己処理をしている限り、剃ったり抜いたりの繰り返しで、肌ダメージも大きな上にだんだんと毛が濃くなってしまうこともあります。

特に乳毛がしっかりと生えている方は、サロンでの脱毛を考えてみた方がいいかもしれません。

自己処理の面倒さからも解放されますし、お肌のトラブルの心配もなくなりますよ。