LINEで送る
Pocket

肌が弱い人や敏感肌の人にとっては、脱毛は肌にどのような影響があるのかと不安な気持ちになると思います。

かといって自己処理をする場合にはお肌状態に注意しなければなりません。

「サロンで脱毛する程毛が多いわけではないし、自己処理もたまに程度」

「そもそもサロンで脱毛できるお肌状態なのか?」

など、思うところは色々とあると思いますが、ほとんどのサロンではカウンセリングのみの受付をしています。

まずはお悩みの相談に行ってみる事をおすすめします。

●ムダ毛の自己処理によるデメリット

①カミソリや電気シェーバーで剃る

ほとんどの方が使用経験があるかと思います。

価格も安く手に入り、手軽に素早く処理できるのが魅力ですが、カミソリは肌を傷つけます。

肌に直接刃物が当たるため、必要な角質までも削り取ってしまいますし、肌の保護機能も失われるため乾燥します。

さらには傷ついたところから雑菌が入り込むと炎症起きます。

お風呂場は意外にも雑菌が入り込みやすい場所なのです。

②毛抜きで抜く・毛抜き型脱毛機器

すぐに生えてくる、と理由から毛抜きで抜いてる方もいますが、毛抜きの自己処理もおすすではありません。

抜く際に皮膚まで一緒に引っ張られるのでかなりの肌負担があり、お肌がたるんだり凸凹になる原因にもなります。

また、毛がなくなった毛穴に雑菌が入りこみ、炎症もおこりがちです。

さらには「埋没毛」と言って皮膚表面に出てこれず皮膚の内側に埋もれてしまう埋没毛穴にもなりやすく、ひざ周りに多くみられます。

 

③ワックス脱毛

毛抜きなどで1本1本処理することより、広い範囲を一気にワックスで剥がせて時間がかからない脱毛方法ですが、ワックスの取り扱いが難しいです。

剥がすことがうまく出来ず、失敗して痛い思いをしたり、使用する前のワックスを温めすぎて、火傷する場合もあります。

慣れるまでは時間もかかってしまいます。

毛抜きやカミソリよりも刺激が強いので、敏感肌の方は避けた方が無難です。

④除毛クリーム

処理したい場所にクリームを置き、放置したあと拭き取るという簡単にできそうな処理ですが、除毛クリームも肌負担が大きいです。

保湿成分なども配合されていますが、実際は「毛をボロボロにして溶かす」薬剤です。

髪の毛のパーマ剤よりもキツイ薬剤ですので、それをたっぷり肌に塗ることは負担がかかると思って間違いありません。

特に肌が弱い方、敏感な方は肌が荒れてしまう可能性は高いです。

●サロンで行う脱毛【光脱毛】のメリット

肌が弱い人にとってサロンでの光脱毛は、上記の脱毛方法に比べるとはるかにお肌に優しく、ムダ毛がなくなった相乗効果で肌トラブルが改善された方もいます。

またサロンではきちんとお肌の状態をみながら施術を行うので、安心して任せられます。

お肌状態によっては(ニキビや炎症など)当日の施術ができない場合もありますが、お肌の安全が第一です。

このような場合はお肌の回復を待ってから、もしくは避けたり保護して脱毛を行います。

サロンでの脱毛は約2年間と期間はかかりますが、日々の自己処理により刺激から解放されるという事はお肌にもいいですね。

【光脱毛のイメージ】

1、美肌効果

【光脱毛】という方法はお顔のエステのお手入れでも使用する光で照射するので、脱毛しながらお肌状態の改善が期待できます。

毛穴の引き締め、施術部位のシミ・そばかす、肌荒にも効果的です。

2、痛みが少ない

光脱毛は「ほんの少し熱いかな」と感じることがあるかもしれませんが、毛穴に針を挿入するニードル脱毛やクリニックで行うレーザー脱毛に比べると格段に痛みは少ないです。

3、短時間で施術が可能

一気に広範囲を施術できるため、大幅に時間短縮することができます。

●まとめ

肌が弱い方こそ、脱毛するメリットは大きいです。

サロンでは、肌へのアフターフォローも充実していますので、万が一トラブルが起きたとしても肌ケアも対処できます。

安全性も高いので初心者の方にも安心です。

肌が弱い敏感な方こそ、サロンでの脱毛選びをおすすめします。