LINEで送る
Pocket

メンズエステ・脱毛はどんな格好で施術を受ける?

エステの施術内容によって変わります。

エステを受ける場合の服装は、女性も男性もほぼ同じと思っていただいていいでしょう。

今回は男性側の服装・格好について解説しましょう。

◆紙パンツ

オイルでマッサージするなどする場合のエステ(ボディ)でもっともベーシックなスタイル。

紙でできた使い捨てのパンツをはきます。
紙パンツ
ボクサータイプの紙ショーツです。

自分の下着はぬいで、はきかえていただきます。

自分の下着の上に重ねてもいいですが、その際はマッサージ溶剤などで汚れてしまう事を想定して、替えを持っていくことをおすすめします。

施術はこの状態の上からタオルをかけて行います。

◆エステガウン

フェイシャルなどは着てきた服装のままでも受ける事はできます。

しかし、ネックまわりのマッサージ等があると着替えて頂く必要があります。

衣服の締め付けから解放され、ゆったりと横になる事でリラクゼーション効果も高まります。

ボトムはどちらでも大丈夫ですが、ぬいでもらったほうがシワも気になりません。

脱毛の場合

女性も男性も同じです。

全身を広範囲に脱毛する場合、紙のショーツとガウンの組み合わせが一般的です。

施術をする箇所がすぐに出せる状態であれば、基本的にはどんな服装でも大丈夫です。

ひざ下の場合はボトムがすぐにめくれるようであれば、着がえは必要ありません。

脇の場合はタンクトップであればそのまま施術できます。

メンズフェイシャル/脱毛ページ

エステの後はどんな感じ?

フェイシャルなどは、ターバンで髪が乱れるので身支度をします。

おしぼりや鏡、ブラシ、お茶などが用意される場合もあります。

お店によってですが日焼け止めまで仕上げに塗っているので、そのまま帰れます。

脱毛は着替えて終了です。

次回の予約をしたり、お肌や体の状態のお話などをします。

慣れてくるとスタッフとも気軽に話が出来ると思います。

疑問に思う事や、この先のプラン等気負わずいろいろ聞いてみて下さい。