LINEで送る
Pocket

悩みはあるけど自力でなんとか、かろうじて肌力を保っていた20代。

でも、30代からは20代と同じお手入れでは肌悩みは解決しません。

お肌の「老化」がだんだん顕著になってくるからです。

スキンケアは毎日の事。化粧品やお手入れ方法を変える事で、意外とお肌は変わります。

「隠す肌」より「素の肌」を磨いて美肌をがっつり手に入れて下さいね!

★お悩み別のスキンケアはこちら

素肌のスキンケア

★【肌質を変えたい!】

肌質を変えたいのなら肌への刺激を最小限にすることが大切です。

クレンジングアイテムに予算を惜しんで、高価な美容液やクリームだけでは美肌は手に入りません。

まずはクレンジングや洗顔をグレードアップしてみて下さい。

★【乾燥をどうにかしたい】

皮脂をとりすぎている可能性もあるので、朝の洗顔をやめてみてください。

洗顔の代用としてふき取り化粧水を使ってみたり、状態によっては水ですすぐだけなどでもOKです。

★【顔色が悪く疲れて見える】

頸動脈がある首を温めることで、血行が促進されて顔色が回復します。

ホットタオルやアイテムを首もとにグルっと巻いて血行不良を改善しましょう。

★【特別な日の前のスペシャルケアは?】

特別なことはしないことです。

突然普段していないケアをすると肌が驚いてしまいかえって逆効果になる事も。

特別なことをするよりも、いつものケアを丁寧に行って下さいね。

エステでの理想のお手入れは、特別な日の前に急にするのではなく、例えば

「月に1回の特別なお手入れ日」と決めて継続するで、アンチエイジング効果や美肌を実感できると思います。

★【ほてりや痒みが出た時】

何等かの原因による炎症なので、冷やすのが大事です。

冷たいタオルなどを使って、お肌をクールダウンさせて下さい。

★【肌の調子がとても悪い】

色々したくなる所ですが、必要最低限の保湿をしたらお肌を休息させてあげましょう。

★【敏感肌】

お肌の刺激、摩擦を極力減らす事が大事です。

クレンジングオイル、スクラブ洗顔は絶対×。

敏感肌の方向けフェイシャルサロンでは、お肌のバリア機能を整えながら肌質を向上させるプログラムなどがあります。

ホームケアのアドバイスも聞けるので、自己流で限界を感じたらサロン利用もおすすめです。

★【ファンデーションのノリがわるい時】

最近のメイクアップは密着度があがり、粒子が細かく毛穴に入り込んでしまい、クレンジング洗顔で汚れが取り切れていない方が多いです。

これが重なってくると、毛穴に古い角質がたまりお肌がゴワつく原因に。

角質ケア(ピーリング)を行う事と、クレンジングアイテムの選択、クレンジング方法の見直しが必要です。

30代からのピーリングアイテムは市販品の場合、お肌が乾燥をしすぎないように気を付けて使用する必要があります。

★【ノーメイクの日のクレンジング】

メイクアップはつけていなくても、皮脂汚れがあります。

皮脂に吸いつく汚れもあるので、洗顔料だけでは落ちにくい為、クレンジングを軽くすることをおすすめします。

★【メイク落としシートってどう?】

時短で便利ですが、どんな肌タイプの方もお肌をこすってしまい負担になるので極力避けて下さい。

★【美容液の選び方】

美容液を使ってない方もいると思いますが、お肌悩みがあってある程度の年齢になれば使う方がいいです。

どんな美容液を買えばいいか迷う時は「保湿系」を選択すればいいですよ!

★【顔そりのペース】

自己処理はお肌のダメージが必ずありますので、週に1回程度が理想です。

サロンやクリニックでの顔脱毛はお肌状態アップの効果もあるので、処理頻度が多い方はおすすめですよ。

 

パーツのスキンケア

★【首】

縦を意識したケアを徹底してしましょう。

首の筋肉は縦についているので、横にマッサージしたり、パッティングするとシワやたるみの原因になります。

顔と同じように化粧水や乳液でケアをしつつ、必ず上下を意識することが大切です。

シワ予防には、手のひら全体で首を包むように下から上に向かって優しくマッサージ。

ケアをするのとしないので5年後、10年後、肌状態が大きく変わるので、顔のお手入れとセットですることを習慣にして下さいね。

★【唇】

リップがすぐカサカサになる場合は、オイルや柔らかいリップバームをたっぷりつけて入浴をしてみてください。

湯気の作用で保湿効果がアップ。

また、唇の縦ジワは意外と深いのでオイルの上からラップでパックすると保湿効果がいきわたります。

★【額】

額にだけニキビができやすい人は、ヘアワックスや髪による摩擦が原因になる事が多いようです。

ホルモンバランスの問題もありますが、前髪をおろしているひと人はスタイリング剤の付着や髪の接触刺激を解決しましょう。