LINEで送る
Pocket

暑い暑い夏が過ぎ、涼しくなって過ごしやすくなってきた頃から、

体が重い、だるい、何だかすっきりしない・・など暑さや冷房病のせいで夏の疲れが出始めます。

昼夜の寒暖差も激しいので、溜まった疲れが体の機能を低下させて、体の不調につながりやすくなります。

肌の変化に自覚がなくても、何もしないままの状態でさらに過酷な冬に突入してしまうと、一気に肌トラブルや老化現象が現れます。

秋のお肌状態は・・

●紫外線ダメージを受けた状態であること

●季節の変わり目で肌が敏感でデリケートな状態であること

●皮脂の分泌低下、そして空気が乾燥してくるということ

といった点に注意しなければいけません。

秋になるとカブレや吹き出物などのトラブルが発生しやすいというのは、体調の変化と肌乾燥に関係していて、皮膚が外界からの異物に反応しやすくなっているためです。

夏の肌ダメージをきちんとケアし、肌を健全な状態に戻しておくことは大変重要なことなのです。

秋のスキンケア

【肌に対する刺激を極力少なくすること】

【各層の水分を十分に保ちバリア機能を正常に保つスキンケア】

を心がけて下さい。

日々のクレンジングや洗顔は重要です。

洗顔によって皮膚に付着した汚れや刺激物、古い角質を取り除くことは必要ですが、その際、洗浄力が強すぎるクレンジング剤や洗顔料を使用したり、肌を強く擦ったりして、角質層を傷つけてしまわないようにしてください。

傷がつくとバリア機能が損傷を受けるので刺激物や異物も侵入しやすくなります。

肌の不要な付着物はキレイに取り除かないといけない。ただし、肌機能は傷つけてはいけない。

この二つが日々の正しい肌を健やかに保つための基本条件にもなります。

*補足*

今使用されているクレンジング剤みなおしてみませんか?

多くの方に使われているオイルクレンジング。

界面活性剤とオイルの組み合わせで、強力にメイク汚れを溶かして、界面活性剤の力で水となじませて洗い流します。

ところがオイルクレンジングを使い続けていると、界面活性剤の影響で肌本来の潤いが奪われて肌の乾燥が進み余計に毛穴が目立つ結果になることがあります。

乾燥やお肌状態が良くない方は、オイルタイプをジェルタイプのものか、乳液やクリームタイプのものに変えてみてもいいかもしれません。

正しいクレンジングや洗顔後のお手入れ

★水分補給~潤いを与える

化粧水などでたっぷりと水分、保湿成分を補給しましょう。

★油分塗布~潤いのベール

油分の含んだ(乳液やクリーム)で潤いのベールを作り水分の蒸散を防ぎましょう。

乳液やクリームは、肌を保護すると同時に柔軟効果も与えてくれます。

★水分保持~潤いをしっかり保つ

美容液などを利用し、肌の水分を保持し、乾燥から肌を守ることも大切です。

美容液の使用によって保湿効果を高め、空気が乾燥をしていても水分を逃しにくくしてくれます。

普段美容液を使っていない方は、秋からの冬の肌だけでもプラスアイテムとして使用されることをおすすめします。

1年を通して、四季があり温度や湿度、紫外線の影響も変わっていくのに、お肌は年中一緒のお手入れ・・・では、お肌も悲鳴を上げています。

肌乾燥を防ぐには肌細胞の再生を促進する事も重要です。

適度なマッサージは、肌の深部をサポートしてくれ肌保湿のもプラスになります!

秋になっても、一定量の紫外線は降り注いでいます。

紫外線対策は引き続き継続して、年中していきましょう。