LINEで送る
Pocket

「酵素」と聞くと、美容や健康に役立ちそうなイメージがありますね。

巷にもたくさんの「酵素商品」があふれています。

その中でも断トツで多いのが「酵素ダイエット」ではないでしょうか。

酵素の事を良く知れば、それって?といろんな事が見えてきます!

酵素とは

生物の細胞内でつくられるたんぱく質です。

生体内で行われる化学反応(呼吸や代謝など)を触媒します。

「酵素」には【代謝酵素】と【消化酵素】のメインの2種類があります。

その他、知覚や運動にかかわる酵素などもあります。

◆消化酵素の働き

消化酵素は体内に取り込んだ食べ物の栄養を分解し、吸収しやすくします。

炭水化物、脂質、たんぱく質とそれぞれ決まった種類の酵素が働きます。

◆代謝酵素の働き

吸収された栄養は、生命維持の様々な部位の働きやエネルギーに変わります。

体の健康維持や、髪やお肌のハリやツヤ・・・。

代謝酵素は細胞に栄養を届けて、新陳代謝にかかわっています。

傷ついた細胞の中の遺伝子を修復するのも、異常細胞を撃退するのも「遺伝子修復酵素」という代謝酵素の役割です。

あらゆる活動に酵素の働きがあり、酵素が有るのと無いのでは、1,000万~100万倍、代謝のスピードが違うそうです。

こういった体内酵素の種類は約3000~5000種もあるといわれます。

食物酵素はどういいのか

主に生野菜やフルーツ、発酵食品などに含まれている食物の酵素。

「不足しがちな酵素を、外から補って美容や健康に!」

とサプリメントやスムージーなど様々な商品の食物酵素のチカラに注目が集まっています。

しかし、「酵素」という面でみてみると、消化吸収の過程でバラバラに分解されています。

腸で吸収される時には、もう元の酵素ではないのです。

食べた酵素は細胞をつくるアミノ酸の原料になったりと「栄養補給」という面では有効です。

例えば、青汁のビタミンやミネラルが代謝や栄養補給としてプラスにはなるでしょう。

でも青汁の酵素が人間の酵素と同じ働きをする事はあり得ません。

酵素がしっかり働いていれば太らない

〇普段から栄養バランスの良い食事を摂る。

〇適度に運動して色々な酵素を活性化させ、きちんと働くようにしておく。

まずはこれにつきるでしょう。

代謝力が低下しているなら、そもそも酵素でダイエットも成功しません。

酵素は痩せる薬のような物質ではないのです。

「酵素を取り入れれば痩せる」という誤解をしている人もいると思います。

あくまでも健康補助食品として利用するのがおすすめ

いろいろな商品がありますが、品質もしっかりと見ないといけません。

また酵素商品を取り入れた安心感で、普段通りの食事をしていれば逆に太る事になります。

メーカーによっては、酵素商品をメインにした置き換えダイエットを推奨している事もあります。

こうなってきたら、もう酵素のチカラとかではなく、それなりに栄養を摂りながらカロリーコントロールをして、プチファスティングを行っているような状態です。

食事を大幅に減らすダイエットを始める時には、一気に落とそうとせず段階を踏んでいきましょう。

準備期間なく短期で一気に行うと、解放感でリバウンドして、痩せにくい体になってしまいます。

体質によっては便秘や体調不良になる人もいます。

食べ過ぎや外食が続いた時に、栄養過多の胃腸を休める目的でプチファスティングのように使ったりすると良いんではないでしょうか。

そして、やはり基本は自分自身の体内酵素を活性化する事に意識を向けましょう!

ダイエット成功の近道は食べない事ではなく

ストレス解消して、体を動かして、体にいいものを食べる事ですよ♪