LINEで送る
Pocket

リンパマッサージは継続が大切

小顔になるためのケアや、体の体質改善にはリンパマッサージが良いとされています。

自分で行うリンパマッサージは、場合によっては肌のトラブルに繋がる場合やどうしても一時的なケアになってしまいがちです。

さらに、長年にわたり蓄積された老廃物は1回や2回のリンパマッサージを行っただけでは完全に改善することは出来ません。

その為、正しい方法で効率よくケアできるエステサロンの活用をおすすめします。

リンパ機能の働きとは

リンパ管、リンパ液、リンパ節から構成される、老廃物を流すための機能の事です。

♦️リンパ液

全身の毛細血管にある穴から漏れ出る水分。

♦️リンパ管

リンパ液や皮下組織に溜まった老廃物などを通すための管。

♦️リンパ節

リンパ液や免疫系の白血球などを集めて細菌やウイルスなどの物質を食い止める器官。
大小合わせると全身800箇所もあります。

リンパが流れるリンパ管は、血管同様全身に網の目のように張り巡らされています。

リンパ管にはフィルターの役割をする関門のリンパ節があって、体内に進入した細菌や異物を食い止める役割をしています。

また、血液とは違い、筋肉を動かす事でリンパは流れていきます。

リンパの流れが悪くなると、老廃物や余分な水分が皮膚の下に溜まってしまい、むくみが生じ、セルライトが増えて肥満体質になります。

その他にも肩こりやくすみ、にきび等の肌トラブルを起こしやすくなってしまいます。

リンパマッサージでも重要な位置づけを占める器官がリンパ節になります。

リンパの流れが滞ることで起こる症状

・むくみ
・冷え性
・免疫力の低下
・肩こり
・肌トラブル
・下半身太り
・肥満体質にもなりやすい

リンパは、全身を通って「リンパ循環」を行っているため、流れが悪いと老廃物が処理されにくくなります。

リンパ液の量が増えるなど水分をはじめとした体内のちょっとしたバランスの崩れによって、リンパ循環は簡単に阻害されてしまうのです。

長期的なむくみ状態は、脂肪組織や皮膚がデコボコと変形するセルライトの原因になるのでたるみまで引き寄せます。

体内のリンパが滞りやすい人の特徴

・運動不足
・長時間同じ姿勢が多い(立ち仕事、デスクワーク)
・自律神経の働きを悪くするストレス
・冷え性
・食生活の乱れ
・水分不足
・睡眠不足

このような身体全体への負担は、やはり『リンパ循環』にとっても悪影響です。

風邪をひきやすかったり、一度風邪をひいたらなかなか治りにくかったりする状態は、身体の免疫力がすでに弱っていることを表しています。

症状があてはまる人は、リンパ循環が悪いことが原因で免疫力が落ちている場合があります。

リンパマッサージでリンパがうまく流れるよう導けば、美容にまつわるあらゆる問題をまとめて解決できる可能性も大いにあります。

リンパ循環を良くするための最も手軽で簡単な方法は『自分でリンパマッサージを行う』こと。

しかし、メンテナンスを自分だけで継続するのは大変です。

特にリンパマッサージは各リンパ節からリンパ節へ、流れに沿って的確にマッサージをしないと、いくら続けても目に見えた変化は得られません。

継続して行うことに意味があるのでモチベーション維持の面でも難しいものがあります。

間違ったマッサージのやり方で肌に起こるリスク

肌の摩擦によるダメージでシミやシワができる

強すぎるマッサージがリンパ管に負担をかけ、逆にリンパの流れを妨げる、または逆流させてしまう

 



リンパマッサージは、自分でも行えますが素人が独自の判断で行う場合は、力の入れ方やリンパの流れ、肌の摩擦などに十分気をつけましょう。

エステサロンの活用がおすすめな理由

⭕️正しい方法で効率よくお手入れできる

⭕️短期間でリンパの流れにアプローチできる

⭕️自分にあったお手入れに導いてくれる

⭕️場合によっては保湿や美肌のお手入れも一緒にでき、トータル的な相乗効果も期待できる

⭕️人にお任せなので自分が疲れず定期的に継続しやすい

⭕️お肌の悩み、原因、お手入れ方法なども相談できる

リンパに対する正しいアプローチや、効果的な手技・テクニックはプロのエステティシャンに学ぶというのも一つの手です。

サロンでの施術で使用するスキンケアなどはどれも効果と使い心地のこだわったものばかりなので、マッサージとの組み合わせに相乗効果が期待できます。

この機会に正しいやり方でエステを利用してみてはいかがでしょうか。