LINEで送る
Pocket

不安からくるストレス

ストレスは万病のもとと、言われるようにストレスが溜まりすぎてしまうと、様々な病気を引き起こす要因となります。

良質な睡眠や身体を緩める事で、ストレスや心の緊張も緩和できます。

不安で緊張状態が続く方は、簡単にできる身体と心のセルフケアをやってみてはいかがでしょうか。

自宅で今すぐにでも始めれるケアご紹介

①呼吸法

毎日短時間でも習慣化できれば身体だけではなく、心も元気になります。

詳しい呼吸法のやり方🔻是非読んでみてください。

良い効果がたくさんあります。

腹圧式呼吸と腹式呼吸

②タッピング法

自律神経や頭痛を和らげてくれる効果があります。

やり方:目を閉じてそのまま両手を、頭のてっぺんに軽くおきます。

人差し指、中指、薬指の腹を使って、頭から顔全体を一定のリズムで優しくトントン叩きます。

触れるか触れないかぐらいの感覚で1分間トントン叩く。ただそれだけです。

1日1回、1分間集中して行うとより効果的です。

これは、本当に海外で心的ストレスの治療法にも使われることがある施術の一つです。

効果

⭕️イライラ、怒りを軽減

⭕️感情に振り回されない

⭕️感情をコントロールする

⭕️緊張をほぐす

⭕️疲労感を和らげる

⭕️リラックスしながら集中状態にあるミッドアルファー波という脳波が役5倍にも増加

頭を軽く叩く「タッピング」は、副交感神経の働きを促し【乱れた心を癒し】【平常心を取り戻す】効果があります。

なんとなく頭が重い時や頭痛の前兆を感じた時、また肩こりや頭痛予備軍の人にもおすすめです。

寝る前や朝起きて余裕がある時、リラックスしたい時など、決まりは特にないのでいつでも行うことができます。

手には癒しの効果がある

私たちは怪我をした時やお腹が痛い時、とっさの判断で痛い部分に手を当ててしまいます。

これは手を当てることで、痛みや病気が軽減するということを、私達が本能的に、知っているからです。

私たちの人間の手が、他の人に触れることで、心と身体の緊張が和らぎます。

さらに不安やストレスが消えてリラックスした状態になり、身体の免疫力や自然治癒力がさらに上がるとアメリカの研究機関が発表しています。

自宅にいて、家族と過ごす時間が多いこの時期、寝る前にタッピングを家族同士でお互いにやり合いっこをしてみてはいかがでしょうか。

誰かにやってもらうと本当に心地良くて眠たくなります。 

呼吸法もタッピングのどちらも自律神経の興奮を鎮めてそのバランスを穏やかにし、心を安定させる効果があるので是非一度お試しください。

デスクワークの方に多いお悩み、症状

朝から晩まで長時間のデスクワークで同じ姿勢をとり続けると、肩の筋肉がこり固まってしまいます。

血流が悪くなる

目が疲れやすくなる

肩こり

首こり

頭痛、吐き気 など

上半身の症状が出やすいため、手のツボ押しマッサージが効果的と言えます。

①肩コリ・首コリに効く後渓(こうけい)

手の小指側の側面をなぞり、小指の付け根の下にある出っ張っている骨の部分です。

手のひらと甲の境目のライン上にあります。側面に向かって垂直に押してください。

肩コリ・腰痛・緊張などに効く合谷(ごうこく)

親指と人差し指の骨が接する部分を、人差し指側に向かって押し、少し痛みを感じる部分にあります。

⑦背中・肩・首のコリに効く商陽(しょうよう)

人差し指の爪の生え際の親指側にあります。

⑧首・肩のコリに効く少沢(しょうたく)

小指の爪の付け根の外側にあります。

⑨腰痛に効く腰腿点(ようたいてん)

人差し指と中指の骨の分かれ目と、薬指と小指の骨の分かれ目。片手に2点あります。

⑩目の疲れに効く小骨空(しょうこっくう)

小指の第一関節の中心にあります。

⑪肩コリに効く外関(がいかん)

手首の甲側の関節から指3本分離れたところの中央にあります。

セルフ『手ツボマッサージ』ポイント

おすすめなのは夜の時間帯

1日最低10分間のマッサージを継続して行う

強く押しすぎず『痛気持ちいい』という加減で押す。

自分自身の体調をみながら、普段の生活に気軽に取り入れてみてください。